キャピキシルとは?育毛効果や成分の特徴、副作用の危険性を解説

キャピキシルを「まつ毛」につける女性

 

このページでは、ボニーラッシュに含まれる重要な、まつ毛育毛成分である、

 

キャピキシル(Capixyl)

 

について解説します。

 

まつ育をこれまでやってきた方にとっては、馴染みの深い成分かもしれませんが・・・

 

あまり、そうした美容成分に精通していない方にとっては、聞き慣れない成分だと思います。

 

でも、このキャピキシル(Capixyl)。

 

実は、ボニーラッシュにおいて、重要な「まつ毛育毛成分」の役割を果たしているんです。

 

今回、私が、調べた、キャピキシルの特徴について詳しく解説していきたいと思います。

 

キャピキシルとは?

アカツメクサ花

 

まずは、基本的なところから確認してみます。

 

キャピキシルとはなんなんでしょうか?

 

結論から言うと・・・

 

キャピキシルは育毛成分の一種

 

です。

 

アリスタヘルスアンドニュートリションサイエンスというカナダの化粧品開発会社が製造した成分です。

 

キャピキシルの主な成分は、

 

  • アセチルテトラペプチド-3
  • アカツメクサ花エキス

 

です。

 

キャピキシルの効果は?

では、キャピキシルにはどんな効果が期待されて、ボニーラッシュに配合されているのでしょうか?

 

そこには、キャピキシルに含まれる成分の中に秘密が隠されていました。

 

アセチルテトラペプチド-3

アセチルテトラペプチド-3は、植物由来のペプチドです。

 

アセチルテトラペプチド-3は、4種のアミノ酸で構成されている成分であり、

 

成長因子GF(グロースファクター)に働きかけることで、まつ毛の育毛効果が期待できます。

 

アカツメクサ花エキス

アカツメクサ花エキスは、マメ科の植物、アカツメクサ花をエキスにした成分。

 

この、アカツメクサ花エキスに含まれるイソフラボン「ビオカニンA」で、毛が抜け落ちることを防ぐ効果が期待できます。

 

相乗効果

つまり、キャピキシルに含まれる2つの主成分。

 

  1. アセチルテトラペプチド-3
  2. アカツメクサ花エキス

 

相乗効果をもたらしているんです。

 

  • アカツメクサ花エキス

⇒育毛効果

 

  • アセチルテトラペプチド-3

⇒脱毛抑制効果

 

これらの相乗効果から、キャピキシルは多くのまつ毛美容液でも配合されています。

 

キャピキシルの副作用は?

では、そんな。

 

まつ毛の育毛効果と脱毛抑制効果が期待できる。

 

「欲張りさんのための成分」

 

とも言える、キャピキシル(笑)

 

逆に何か、副作用の危険性はないのでしょうか?

 

キャピキシルは、植物由来成分であるため、副作用のリスクも少ないと言われています。

 

安心して使えるのも、キャピキシルの特徴のひとつなんです。

 

キャピキシルのまとめ

ここまでで、わかったように。

 

キャピキシルは、以下のような特徴があって、ボニーラッシュまつ毛美容液に配合されています。

 

  • キャピキシルはまつ毛育毛成分の一種
  • アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3が主成分
  • アカツメクサ花エキスは、まつ毛の脱毛抑制効果
  • アセチルテトラペプチド-3はまつ毛の育毛効果がそれぞれ期待できる
  • 植物由来成分なので、副作用の危険性は少ないとおもわれる

 

たくさんの美容成分、まつ育成分が配合されている、ボニーラッシュまつ毛美容液。

 

なかでも、キャピキシル(Capixyl)は、ボニーラッシュの「まつ育」のカギを握る成分と言っても過言ではないかもしれません。

 

ボニーラッシュの詳細はこちらのページでまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

【効果なし?】ボニーラッシュまつ毛美容液を使った口コミ!